2015年11月29日

黄金のアデーレ 名画の帰還

黄金のアデーレ.jpg
ナチスに奪われた叔母の肖像画の返還を求めた老婦人を描いた物語。
クリムトの「黄金の女」にまつわる真実が描かれます。
これが実話というのが素晴らしい。
ナチスの迫害から逃亡するユダヤ人の姿が悲しいです。
或る意味で贖罪の物語でもありました。
個人的にはかなりおすすめ。
ヘレン・ミレンの気品のある美しさがたまらないです。

アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I

グスタフ・クリムト
posted by 森山樹 at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 史劇(映画)

2015年11月06日

黒衣の刺客

黒衣の刺客.jpg
黒衣の刺客

唐代の伝奇に名を残す聶隠娘を描いた中国映画です。
尤も,設定はかなり改変されていますけれど。
武侠アクション映画色がもっと強いと嬉しかった。
とは言え,節度使の権勢が描かれて楽しいです。
余韻の残る終わり方も好みだったなあ。
この類の映画は大好きなので,もっと公開して欲しいですね。
中国の伝奇は宝の山でしょうからねえ。
タグ:中国史
posted by 森山樹 at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 史劇(映画)

2015年11月01日

ヴェルサイユの宮廷庭師

ヴェルサイユの宮廷庭師.jpg
ヴェルサイユの宮廷庭師

ヴェルサイユ宮殿の庭園誕生に秘められた物語を描く映画です。
主人公のサビーヌ・ド・バラが師事するアンドレ・ル・ノートルは実在の人物。
他にもルイ14世やマントノン夫人,オルレアン公フィリップらが登場。
特にルイ14世の描き方が非常に格好良かった。
あの国王にならば忠誠を捧げることを良しとするでしょう。
また,ルイ14世とマントノン夫人の秘密結婚に主人公が関わっているのも面白い。
全体的に恋愛映画としての側面が強いですが,歴史好きにも十分楽しめます。
ヴェルサイユ宮殿に一度は行ってみたいものでありますね。

ヴェルサイユ宮殿
アンドレ・ル・ノートル
ルイ14世
マントノン夫人
タグ:欧州史
posted by 森山樹 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 史劇(映画)