2015年12月23日

消えたイングランド王国



消えたイングランド王国
第一章 襲い来るデーン
第二章 勇者たち
第三章 終焉への足音
第四章 最後のアングロサクソン戦士

 ノルマンディ公ウィリアムによるノルマン征服以前に存在したイングランド王国142年の歴史を追った書です。即ち,デーンと呼ばれるヴァイキングに翻弄される時代の中で雄々しく戦った戦士王たちの姿が印象的。そして,彼ら戦士王たちの中で唯一修道士的清廉さを保ち続けたエドワード聖証王が現在において最も名高いというのは皮肉でありましょう。また,デーンに統治された時代のイングランドの姿が面白いです。侵略者でありながらデーンの首領であるクヌートが一定以上の評価をされているというのが素敵。このあたりは幸村誠の『ヴィンランド・サガ』の時代と完全に被る部分もあり楽しませて貰いました。クヌートとソーケル長身者の名前が登場する度に頬が綻ぶのを自覚します。また,エゼルレッド無策王の時代のモルドンの戦いを描いた叙事詩の全訳が収録されているのも非常に嬉しい。ヴァイキングの侵攻の中で誇りをかけて散って行ったビュルフトノースたちアングロサクソン戦士の姿は印象的でありました。その悲哀に満ちた叙事詩はあの『ベオウルフ』以上とも言われているのだとか。その優劣はともかく,非常に心に残るものがありました。また,最後のアングロサクソン王であるハロルド2世の
生涯が格好いい。ヘイスティングズの戦いでノルマンディ公ウィリアムに敗死した印象しかありませんでしたが,それが完全に覆されました。その死も偶発的な要素が大きく,寧ろ勝者になるに相応しい人物だったように思います。その場合の歴史が如何に変わったのかは想像する他にありませんけれども。英国史の中でも比較的印象に薄い時代を扱っているということでも得難いのですが,尚且つ分かり易く楽しい一冊でありました。『モルドンの戦い』の全文訳だけを目的にするにも価値があると思います。
タグ:英国史
posted by 森山樹 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

2015年03月01日

物語ウクライナの歴史



第一章 スキタイ−騎馬と黄金の民族
第二章 キエフ・ルーシ−ヨーロッパの大国
第三章 リトアニア・ポーランドの時代
第四章 コサックの栄光と挫折
第五章 ロシア・オーストリア両帝国の支配
第六章 中央ラーダ−つかの間の独立
第七章 ソ連の時代
第八章 三五〇年間待った独立

 スキタイから現代に至るまでのウクライナの歴史を俯瞰的に綴っています。如何に大国の狭間でウクライナという地域が苦しんできたのか良く分かります。と,同時にコサックという存在の存外の大きさが面白い。また,意外にユダヤ人に寛容な地域だったという特性も初めて知りました。ウクライナやその首都キエフは昔から憧れの場所でありながら,如何にその地域を知らなかったかということを思い知って恥じるばかりです。古代や中世にも大きく頁が割かれているのは嬉しい。ソ連邦から分離独立したこともあってロシアの一部という印象が強いウクライナですが,歴史経緯からはロシアとはまた違う独自の立ち位置があることが理解出来ます。とは言え,やはり複雑な変遷を経ているので分かり難い部分もあります。ウクライナという言葉の原義は「辺境」或いは「土地」であるらしいが,どちらの意味かによってロシアとウクライナ双方の受け取り方の違いを如実に示しているように思います。個人的にはやはりウクライナとロシアの双方が祖とするキエフ・ルーシへの興味が深まりました。ヴォロディーミル聖公とヤロスラフ賢公は今後も調べていきたい人物であります。また,コサック時代のフメリニツキーやイヴァン・マゼッパといった指導者も面白そう。いずれにしても,ウクライナへの興味を更に駆り立てられる本でありました。
posted by 森山樹 at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍