2016年02月23日

トミイ大塚『ホークウッド(8)』


英仏百年戦争時代を舞台とした作品。
騎士の時代の終焉と傭兵の時代の開幕が謳われます。
クレシーの戦いでのロングボウの破壊力が素晴らしい。
エドワード三世の風格がたまりません。
惜しむらくはこれが最終巻ということ。
イタリアに渡ってからのホークウッドの戦いも楽しみたかったです。
何処かで連載を継続してくれないものでしょうかね。
残念でなりません。
posted by 森山樹 at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 史劇(漫画)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174180236
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック