2016年02月06日

橋本花鳥『アルボス・アニマ(2)』


19世紀の東南アジアを舞台としたプラントハンター漫画です。
ファンタジィ要素も強めな作品となっています。
とは言え,プラントハンターという魅力的な職業を選んでいるのは面白い。
もう少し史劇よりだとなお好みではありますけれども。
歴史要素は残念ながら薄目なものとなっています。
尤も,漫画としては十分に面白いのも事実。
19世紀の東南アジアという舞台設定も興味深いものがあります。
posted by 森山樹 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 史劇(漫画)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/173592578
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック