2016年01月28日

滝沢聖峰『女流飛行士マリア・マンテガッツァの冒険(1)』


20世紀初頭を舞台に女流飛行士の活躍を描いた作品です。
第一次世界大戦の直後くらいといった雰囲気かしら。
イタリア人の女流飛行士とロシアの亡命貴族が一応中心。
主に地中海付近が物語の場となっています。
実在の人物の登場は今のところなし。
とは言え,各国間の関係など歴史要素は満載です。
登場する飛行機も恐らく実在するものばかりの筈。
このあたりに明るければ,なお楽しめるのでありましょう。
個人的には大変に好みの作品でありました。
タグ:近現代史
posted by 森山樹 at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 史劇(漫画)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/172950927
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック