2015年12月28日

渋谷区立松濤美術館「古代エジプト美術の世界展」

〈2015年歴史展感想5展目〉
古代エジプト美術の世界展.JPG

古代エジプト美術の世界展
会場:渋谷区立松濤美術館
会期:2015.10.06-11.23
観覧料:¥500
図録:未購入

 渋谷区立松濤美術館で開催の「古代エジプト美術の世界展」を鑑賞しました。松濤美術館を訪れるのは今回が初めて。道としては割合に分かり易かったのですけれども,渋谷駅からはちょっと遠かったように感じます。Bunkamuraザ・ミュージアムと方向が同じというのは利用し易く感じます。今後も行く機会は増えそうな美術館であります。

 今回の展示はガンドゥール美術財団の収蔵による約150点。その全てが日本初公開というのが嬉しい。小さなアミュレットから大きな像まで様々な角度から古代エジプトを眺めることが出来るのが嬉しい。特にエジプト神話の神像が多かったのは非常に好みでありました。イシス女神やホルス神,或いはセト神の像も楽しいのですが,やはりバステト女神像が猫好きとしては一番嬉しい。また,≪アミュレットのネックレス≫の美しさも大変素敵でありました。今回の展示の特徴は古代エジプト人の精神世界に触れたものが多かったということ。前述のエジプト神話の神像だけでなく,信仰の対象であったスカラベや或いはミイラ,死者の書,スフィンクスの展示も興味深いです。中には≪呪いの人形≫というものもありましたけれども。展示数も結構多くて見応えは十分。丹念に見ていると時間が幾らあっても足りません。それくらいに楽しい美術展でありました。鑑賞に割く時間があまりなかったのが悔やまれます。

 過度な期待をしていたわけではないのですが,想像以上に楽しい展示でありました。美術好きとしても歴史好きとしても満足の行く展示だったと思います。何度見ても古代エジプトを扱った美術展は魅力的。いつかはエジプトに足を運びたいものであります。その為にも世界が平和でなくてはなりません。美術や歴史を愛する者として,この世界が平穏であることを祈るばかりであります。それはまた古代エジプト人たちも同じ思いを持って,このような精神文化を残したのであろうと思います。
posted by 森山樹 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史展感想

2015年12月27日

国立西洋美術館「黄金伝説」

〈2015年歴史展感想4展目〉
黄金伝説.JPG

黄金伝説 古代地中海世界の秘宝
会場:国立西洋美術館
会期:2015.10.16-2016.01.11
観覧料:¥1,600
図録:未購入

 国利西洋美術館で開催の「黄金伝説」を鑑賞してきました。国立西洋美術館の展示は相変わらず好み。三連休中だったにも関わらず,それ程人出が多くなかったのも嬉しいです。同じく上野公園内の国立博物館や東京都美術館で長蛇の列が出来る人気の美術展があったことで相対的に少なくなったのもかもしれません。いずれにせよ,自分にとっては幸運でありました。愛知県にも巡回するので優先度が決して高いわけではなかったのですけれど,早めに鑑賞出来るに越したことはないですからね。

 今回の展示はひとつの文明ではなく,ブルガリアのヴァルナで発掘された世界最古の金製品から古代ギリシア,トラキア,エトルリア,そして古代ローマに至る約4000年に及ぶ黄金に纏わる地中海世界の文物が一堂に会するのが特徴的。ギリシア神話に名高い黄金の羊毛を求めるアルゴ探索隊の冒険から始まる黄金の物語が楽しいです。特にヴァルチトラン遺宝やパナギュリシュテ遺宝は圧巻でありました。黄金の輝きも然ることながら,精緻な彫金の技術が素晴らしい。この彫金技術ということに関してはエトルリアの≪腕輪≫の見事さに思わずため息をついてしまいます。斯様に優れた,比類なき技術を持った民が謎とされているというのが面白い。グリフォンやスフィンクスなど伝説上の怪物が螺旋上に列をなす≪螺旋状のディアデマ≫も大変美しかった。日本初公開の世界の至宝を間近で鑑賞出来たことを感謝します。ギリシア神話好きとしてはアテネのアクロポリスから出土した≪「テセウスの指輪」として知られる印章指輪≫も楽しかった。神話に登場する英雄の実在性を感じます。ニケやアフロディテら女神を象った作品も興味深い。また,ギュスターヴ・モローの≪イアソン≫やルノワールの≪パリスの審判≫,マルカントニオ・バッセティの≪ダナエ≫など様々な形で“黄金”が関わる絵画が展示されていたのも素敵でありました。ペルセウスの母であるダナエに降りかかったゼウスの黄金の雨はやや付会な気もするけれども。勿論,ミダス王に纏わる展示があったのも楽しいです。

 あまりにも黄金尽くしの展示故,感覚がすっかり麻痺してしまいます。しかしながら,人類史において,尤も人類を魅了する金属である黄金の魅力が存分に堪能出来る展示でありました。今回は地中海世界に限定されていますが,南米の黄金文明などに触れて欲しかったなあと思います。或いは“黄金の国ジパング”もこの種の展示には欠かせないでしょう。とは言え,存分に楽しめた展示でありました。今回,展示されている金の総量と総額がちょっと気になってしまいます。本当にどれくらいだったのでしょうか。
posted by 森山樹 at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史展感想

2015年12月23日

消えたイングランド王国



消えたイングランド王国
第一章 襲い来るデーン
第二章 勇者たち
第三章 終焉への足音
第四章 最後のアングロサクソン戦士

 ノルマンディ公ウィリアムによるノルマン征服以前に存在したイングランド王国142年の歴史を追った書です。即ち,デーンと呼ばれるヴァイキングに翻弄される時代の中で雄々しく戦った戦士王たちの姿が印象的。そして,彼ら戦士王たちの中で唯一修道士的清廉さを保ち続けたエドワード聖証王が現在において最も名高いというのは皮肉でありましょう。また,デーンに統治された時代のイングランドの姿が面白いです。侵略者でありながらデーンの首領であるクヌートが一定以上の評価をされているというのが素敵。このあたりは幸村誠の『ヴィンランド・サガ』の時代と完全に被る部分もあり楽しませて貰いました。クヌートとソーケル長身者の名前が登場する度に頬が綻ぶのを自覚します。また,エゼルレッド無策王の時代のモルドンの戦いを描いた叙事詩の全訳が収録されているのも非常に嬉しい。ヴァイキングの侵攻の中で誇りをかけて散って行ったビュルフトノースたちアングロサクソン戦士の姿は印象的でありました。その悲哀に満ちた叙事詩はあの『ベオウルフ』以上とも言われているのだとか。その優劣はともかく,非常に心に残るものがありました。また,最後のアングロサクソン王であるハロルド2世の
生涯が格好いい。ヘイスティングズの戦いでノルマンディ公ウィリアムに敗死した印象しかありませんでしたが,それが完全に覆されました。その死も偶発的な要素が大きく,寧ろ勝者になるに相応しい人物だったように思います。その場合の歴史が如何に変わったのかは想像する他にありませんけれども。英国史の中でも比較的印象に薄い時代を扱っているということでも得難いのですが,尚且つ分かり易く楽しい一冊でありました。『モルドンの戦い』の全文訳だけを目的にするにも価値があると思います。
タグ:英国史
posted by 森山樹 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

2015年12月19日

楠桂『鬼切丸伝(2)』


嘗ての名作『鬼切丸』の前日譚にあたる作品です。
連作短篇集の体裁を取っているので一話完結。
この2巻でも平安時代,鎌倉時代,室町時代,戦国時代と描かれます。
お気に入りはやはり鈴鹿御前との邂逅を描いた章かなあ。
その凛とした美しさ・格好良さは至福であります。
宿敵である茨木童子との決着を描いた章も面白かった。
歴史的な事実や逸話を物語に取り込んでいるのが好みです。
久しぶりに本篇も読みたくなってしまいました。
タグ:日本史
posted by 森山樹 at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 史劇(漫画)

2015年12月09日

cuvie『ひとはけの虹(2)』


西洋美術の大家の姿を描いた歴史SF漫画です。
語り手がラファエロというのが面白い。
この巻ではラファエロが時空の旅に出る経緯が描かれます。
ルーベンスとの邂逅が楽しかった。
他にはジャン・エヴァット・ミレイやラ・トゥールなどが登場。
ラ・トゥールのお話ではポンパドゥール夫人やヴォルテールも活躍します。
またシッカートの絡みで切り裂きジャックに触れられるのも素敵。
運命の女と出逢ったラファエロの今後が楽しみでなりません。

ラファエロ・サンツィオ
ピーテル・パウル・ルーベンス
ウォルター・シッカート
ポンパドゥール夫人
posted by 森山樹 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 史劇(漫画)